本文へスキップ

家族葬と葬儀の種類

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

家族葬と葬儀の種類

お葬式とは、故人との別れの場であります。さまざまな別れが出てくるようになりますが、一番悲しい立場になるのは遺族になるでしょう。残されていくことになるのですから当然です。ですが、現在の日本のお葬式を見てみると、家族が最も悲しんでいる暇がなくなります。お葬式はあわただしく進みますし、亡くなってから忙しい時間を過ごさなければいけません。本来のお葬式を考えれば、これでいいのかと考えていく必要も出てきます。

家族葬がだんだんと浸透してきたのは、お葬式もいろいろな種類が出てきたからです。それぞれのライフスタイルを考え、適切なものを選ぶようになってきたことが、こうした選択にもつながってきているでしょう。家族が悲しめるだけの時間を作るという意味では、現在の日本のお葬式がもつスタイルは、あまりにあわただしいからです。家族葬は、必然的に生まれてきたものであり、できるだけ他の人に影響されない別れの時間を取るという意味では、余計な装飾も外すことができるといえます。

家族葬の定義を考えてみると、種類も見えてくるようになります。家族葬とは、なにか決まった定義があるわけではありません。密葬と混同されることもありますが、こちらは本葬の前におこなわれるお葬式のことであり、現在使われる家族葬とは異なる意味を持ってきます。もっとシンプルなものであり、家族といった小さな範囲内で行うお葬式と考えればいいでしょう。制限を掛けて、しめやかにおこなわれる種類のものであるとするのであれば、さまざまなかたちが見えてくるようになります。これといった決まりがあるわけではないため、葬儀社などによってもかたちが異なる点に注意が必要です。自分が思っているようなかたちにならなかったといったことも起きる可能性があるからです。

多種多様になってきていることもあり、自分らしい最期ということを望む人も増えてきています。宗教という部分で考えの薄い日本人にとっては、仏教として最期を迎えることに違和感がある人も多くなってきたといえるでしょう。家族だけでしめやかに執り行えるのであれば、なにもこだわりを持つ必要もなくなります。逆にコンパクトにするだけの方法もあるのですから、どんな方法ができるのかも考えていく必要があります。お葬式のスタイルとして考えてみると、デメリットもわかるようになります。なぜ求められるようになってきたのか、改めて考えてみる機会にもなるはずです。

information新着情報

2018年10月12日
ホームページを更新しました。